障害があっても性行為をしてみたい!障がい者が好きな人とセックスをする方法

はじめに

一度でいいから性行為をしてみたい

「一度でいいから性行為をしてみたい」、そんな風に思ったことはありませんか?

障がいを持つ人にとって、セックスをしてみたいと思うことはごく自然なことで、恥ずかしいことではありません。

むしろ、そのような願望を抱くことに、ある種の罪悪感のような気持ちを抱いてしまうということが、間違いなのです。

しかし、悪いのは障がいを持つあなたではなく、障がいを持つ人がセックスを求めてはいけないという社会の風潮なのです。

繰り返しになりますが、人間は、誰でも自由にセックスをする権利があります。

それは障がい者の方も同じです。

もちろん、男性の障がい者も、女性の障がい者も同じなのです。

セックスを求める性欲は、食欲、睡眠欲と並ぶ、人間が当たり前に持つ3大欲求です。

この記事では、「セックスをしたい」という当たり前の感情を抱く障がい者の方が、好きな人と気持ちいいセックスをするための方法を解説します。

ヘルパーさんに性行為を求めるのはセクハラ

あなたが「セックスをしたい」と思う時は、どんな時ですか?

障がいを持つ人にとって、セックスをしたいと思う相手の一つが、ヘルパーさんではないでしょうか。

事実、障がい者の方と、そのヘルパーさんが恋愛関係になり、やがて結婚する例も存在します。

当然のことながら、恋愛や結婚をすれば、セックスという行為も自然に行うものです。

しかし、相思相愛の恋愛関係でなければ、それは性行為の対象ではないのです。

セックスは、一方的に性欲を満たす行為ではありません。

普段、どんなに優しく接してくれるヘルパーさんでも、それはあくまでも仕事であり、恋愛感情ではないということを忘れないでください。

但し、そんな当たり前の事実に、落胆する必要はありません。

この記事では、障がいを持つ人でも、健常者と同じように恋愛をし、その異性とセックスをする方法を、丁寧にご紹介します。

ぜひ最後までしっかり読んで、障がいを持つあなたでもセックスできるという事実、そしてその方法を知ってください。

あなたが思い描く理想のセックスとは?

この記事を読んでいるあなたは、実際に障がいをお持ちの人か、障がい者への理解のある人のどちらかだと思います。

そして、障がい者とのセックス、あるいは障がい者同士のセックスをしてみたいと思っているのではないでしょうか。

この記事では、あなたが求めている、障がい者とのセックス、あるいは障がい者同士のセックスをする方法をご紹介します。

しかし、その前に、一つ質問があります。

あなたが思い描く理想のセックスとは、どのようなものを想像していますか?

「セックス」という言葉から想像する行為は、テレビや映画に登場するような、裸の男女が抱き合い、男性の性器を女性の性器に挿入し、言葉では言い表せないような快感を得られる行為をイメージするのではないでしょうか。

確かに、セックスという行為は、直接的に言ってしまえば、男性の性器を女性の性器に挿入する行為です。

しかし、その「挿入」は、あくまでもセックスという行為全体の中のほんの一部であり、それが全てではないということを理解してください。

本当に気持ちいいセックスというのは、そのような肉体と肉体の繋がりが全てではなく、心と心の繋がりがもっと大切なのです。

異性の体に触れてみたいという衝動は、男性にも女性にもごく自然に存在する衝動です。

しかし、本当のセックスとは、そんな直接的な快楽を求める行為ではないのです。

この記事では、体の繋がりだけでなく、心も繋がる気持ちいいセックスをする方法をご紹介します。

障害者専用風俗について

障害者専用風俗とは

障がい者の方が、今すぐ簡単にセックスをする方法、それが「障害者専用風俗」です。

そして、その障害者専用風俗の中でも代表的なサービスを、「障害者専用デリヘル」と言います。

デリヘルとは、デリバリーヘルスの略で、自宅やラブホテルへ風俗嬢を派遣し、性的サービスを行うお店であり、日本では法律で認められている合法的な性的サービスです。

18歳以上の人であれば、誰でも利用できます。

デリヘルのサービスは、フェラチオ(女性が男性の性器を口に含む行為)や指入れ(女性器に指を入れる行為)、素股(女性の股にペニスを挟んで動かす行為)に限り、本番行為(性器を挿入する行為)は禁止されています。

障害者専用デリヘルの料金は、時間単位の基本料金と、オプション料金で構成されています。

基本料金は、60分で12,000円~18,000円が相場で、アナルセックス(お尻の穴でのセックス)など特殊なプレイをする場合には別途オプション料金がかかる仕組みです。

障害者専用風俗の楽しみ方

障害者専用デリヘルは、自宅へラブホテルに風俗嬢を呼んで、そこで性的サービスを楽しみます。

まず、都合の良い日時や場所を指定し、好みのキャスト(風俗嬢)を指名します。

障害者専用デリヘルの場合、お持ちの障害の程度も記載し、場合によってはサービスを受けられないこともあります。

予約が完了すると、後は自宅や待ち合わせ場所で待機します。

そして、キャストが到着したら、性的サービスを楽しみます。

風俗嬢はあくまでも仕事

障がいを持つ人でも、障害者専用風俗を利用すれば、性行為を楽しめます。

もちろん、料金は決して安いものではありませんが、お金さえ払えば、性行為を楽しめるのです。

しかし、ここで一つ知っておいて欲しいことがあります。

それは、風俗嬢はあくまでも仕事で行為をするのであり、障害者専用風俗で楽しめる性的サービスは、本当のセックスではないという事実です。

セックスは、とても気持ちいい行為です。

一人で自慰行為をして射精するよりも、何倍も気持ちいい行為です。

しかし、セックスの本当の気持ちよさは、風俗では決して味わえないという事実を押さえておいてください。

本当のセックスとは

恋愛とセックスは切り離せない

本当のセックス、すなわち、本当の快感を得るために必要なものは、なんだと思いますか?

それは、愛です。

いきなり「愛」と聞いても、ちょっと大げさに聞こえるかもしれません。

しかし、言い換えるなら、愛とは、好きな人のことを好きだと思う、その気持ちなのです。

ここまで読んでくれたあなたは、もう理解できたのではないでしょうか。

本当のセックスをするには、相手を好きだと思う気持ちと、自分のことを好きだと思ってくれる相手、その両方が必要不可欠なのです。

セックス=射精ではない

本当のセックスをするために必要なこととして、もう一つ知っておいて欲しいことがあります。

それは、セックス=射精ではないという事実です。

確かに、子供を作るためのセックスは、男性の性器を女性の性器に挿入する行為を指します。

それは、妊娠に必要な行為だからです。

しかし、逆に言えば、たとえその性行為を行ったとしても、そこに愛がなければ、自慰行為を同じなのです。

愛のあるセックスは、「挿入」に限りません。

二人の間に愛があれば、キスやハグといった、肌と肌の触れ合いだって、れっきとしたセックスと言えるのです。

障がい者だって出会いのチャンスはある

ここまで読んでいただければ、セックスをするために必要なものが何であるかご理解いただけたのではないでしょうか。

セックスをするために必要なのは、愛する恋人であり、恋人を作るために必要なことは、友達を作ることなのです。

愛し合う恋人同士が、セックスをするのはごく自然なことであり、みんながやっていることです。

セックスは、恋愛をすれば後からついてくるものなのです。

それでは最後に、恋人を作るために必要な事実をご紹介していきます。

まとめ

本当の恋をすれば体も心も満たされる

当サイトの別の記事では、障がい者や理解者のあなたに、新しい異性の友達を作ること、そして恋人を作ることをおすすめしています。

そして、そのベストな方法として、マッチングアプリを使って、新しい友達を見つける方法をおすすめしています。

なぜ、当サイトが、新しい友達を作ることをおすすめするのか、分かりますか?

その理由は、新しい友達を作った先に恋愛があり、その先にセックスがあるからなのです。

恋愛を抜きにしたセックスなど本当のセックスではありません。

そして、友情を抜きに、恋愛など始まらないのです。

好きな人と一緒にいると、どんな小さなことにも幸せを感じます。

それは、手をつなぐことや抱き合うこと、そして、キスをすること。

それは、性行為よりも満たされる、愛があるからこそ得られる快感なのです。

障がい者と健常者は同じ

この記事は、障がいを持つ人と、その理解者のために書きました。

そして、その結論として、セックスをするためには恋愛が必要で、その恋愛をするためには新しい異性の友達と出会うことが必要だと書きました。

さらに、新しい異性の友達を作るためには、今の時代、マッチングアプリを使うのが一番の近道だということもご理解いただけたと思います。

ここで、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

それは、異性の友達を作り、恋愛をし、やがてセックスをするというプロセスは、障がい者の人も健常者も、全く同じであるという事実です。

障がいのない健常者も、異性の友達を作り、恋愛をし、やがてセックスをします。

障がいを持っているからといって、特別ななにかをする必要はありません。

健常者と同じように、出会いのチャンスを掴み、そのチャンスを活かしていけばよいのです。

それが、結果的に、本当のセックスへの一番の近道になるのです。

出会いは早い者勝ち

当サイトの以前の記事で、障がい者の人が新しい異性の友達を作る方法として、マッチングアプリがベストだとご紹介しました。

それが、事実です。

そして、マッチングアプリを始めれば、障がいを持つあなたでも、すぐに新しい異性の友達を作ることができるでしょう。

しかし、一つだけ忘れないで欲しい大切なことがあります。

それは、出会いは早い者勝ちであるという事実です。

障がいを持つ人にとって、出会いは貴重なチャンスです。

ましてや、異性との出会いとなると、日常生活にはほとんどそのチャンスがありません。

だからこそ、マッチングアプリという出会いの場が貴重なのです。

そしてそれは、あなた以外の、他の障がい者の方も同じ状況です。

日本中にいる障がい者の方と、その理解者の方は、マッチングアプリで今この瞬間もあなたと同じようにその出会いのチャンスを掴みにいっているのです。

だからこそ、早い者勝ちという競争が生まれるのですね。

逆に言えば、あなたが早く始めなければ、他の人に盗られてしまうということです。

出会いは、早い者勝ちなのです。


PAGE TOP