障がいがあっても友達が欲しい!障がい者のための新しい友達の作り方

はじめに

友達は簡単にすぐ作れる

最初に結論を言います。

障がい者の方でも、友達は簡単にすぐ作れます。

まず最初に、障がいを持っていても新しい友達をつぐ作れるという事実を押さえておいてください。

なぜなら、障がいを持っている人の多くが、「友達が欲しい」と悩みながらも、それを難しいと勝手に決めつけ、諦めてしまっている事実があるからです。

この記事を最後まで読んでいただけたら、それを納得していただけるでしょう。

この記事では、障がい者の方でも友達を簡単にすぐ作る方法をしっかりご紹介します。

本当はみんな寂しい

「友達が欲しい」と悩んでいるあなたに一番最初に知っておいて欲しいことは、「本当はみんな寂しい」ということです。

世の中には、障がい者やその理解者、そして健常者など、色々な人がいます。

しかし、それらの呼び名が違っても、中身は同じです。

中身はみんな同じ、人間なのです。

そして、悩みもみんな同じです。

毎日学校へ通っている学生も、毎日会社へ通っているサラリーマンも、学校や会社に出会いがあるように勘違いしがちです。

しかし、それは間違っています。

確かに、学校や会社には、毎日顔を合わせる「知り合い」がたくさんいます。

しかし、それは友達とは限りません。

ましてや、新しい友達との出会いなどないのです。

確かに、世の中の人間は、障がい者であろうと健常者であろうと、出会いがありません。

しかし、だからこそ、自分の手で出会いを掴むという意識が必要なのです。

この記事では、障がい者のあなたも、障がい者と友達になりたいあなたも、出会いを掴むという新しい視点で友達を作る方法をしっかり解説します。

友達作りの注意点

この記事の最初に、障がい者でも、新しい友達を作るのは簡単だという事実をご紹介しました。

それが事実です。

しかし、一つだけ知っておいて欲しいことは、待っているだけでは、絶対に友達など作れないという事実です。

自分の方から行動をする、今の行動を変えるというほんの少しの努力をしなければ、現状はなにも変わらないのです。

まずは、今の行動をほんの少し変える必要があるという事実を押さえておいてください。

もう一つ知っておいて欲しいことは、新しい友達に、サポートを求めてはいけないということです。

あなたと友達は、常に対等な関係です。

友達は、ヘルパーさんではないのです。

また、特に相手が健常者の場合、障がい者に対する知識が少ないこともあります。

しかし、心配する必要はありません。

あなたが教えてあげればいいのです。

友達とは、常に対等の関係にあるということを忘れないでください。

友達の定義

楽しいことを共有できる

あなたは、多かれ少なかれ、「友達が欲しい」と思っていますよね。

そこで、質問があります。

あなたにとって、「友達」とはなんですか?

恐らくほとんどの人が、友達とは、おしゃべりを楽しんだり、一緒にゲームをしたり、街へ出かけたりする相手を想像すると思います。

確かに、新しい友達ができれば、そんな楽しい日々が待っています。

孤独を感じることも減るでしょう。

しかし、本当の友達とは、楽しいことを共有するだけの相手ではないのです。

悲しいことも共有できる

本当の友達とは、楽しいことだけでなく、悲しいことも共有できる相手のことを指します。

日々のちょっとした悩みから、人生の深刻な悩みまで、心に抱えていることを言える相手こそ、友達なのです。

時には、親や兄弟など、家族に言えない話さえも、友達なら話せることがあります。

そして、相手が本当の友達ならそれを受けとめてくれることでしょう。

それが、本当の友達です。

友達の延長線上に恋愛がある

この記事を読んでもらえれば、障がいを持っているあなたでも、友達を作ることができるでしょう。

そして、それはただの知り合いではなく、本当の友達になるはずです。

それでは、友達ができた後は、どうなるのでしょうか。

先ほど、友達とは楽しいことも悲しいことも共有できる相手であると言いました。

では、それが異性の友達だったらどうでしょうか。

それは、恋愛の始まりです。

楽しいことも悲しいことも共有できる異性の友達は、自然と恋愛感情が生まれ、自然と恋が始まります。

それが、恋愛です。

障がいを持っている人でも、その理解者や健常者と、自由に恋愛をする権利があります。

この世の中に、恋愛ほど素晴らしいものはありません。

せっかくそんな素晴らしい世界に生きているのですから、肉体的、精神的に幸せを共有できるような、恋愛を経験しなければならないと言えるでしょう。

そんな恋愛を自由に楽しむためにも、最初の一歩とも言える友達作りをすぐに始めるのがベストなのです。

友達の作り方

まずはチャンスを広げる

障がい者の人にとって、新しい友達を作ることは難しいと考えているかもしれません。

しかし、それは間違いです。

難しいどころか、これ以上ないほど簡単なことなのです。

最初に結論を言うと、今の時代に新しい友達を作る方法は、いわゆるマッチングアプリを介した出会いがベストです。

マッチングアプリを始めれば、出会いのチャンスが一気に広がり、「出会いがない」という悩みが消えます。

世界中の健常者にとって今や当たり前の出会いの場ですが、それは障がいを持つ人にとっても、ベストなのです。

逆に言えば、マッチングアプリ以外の出会いの場は、当てにすべきではないでしょう。

結論はこの記事の中で証明しますが、まずは、障がい者にとっての出会いの場はマッチングアプリがベストであるという事実を忘れないでください。

自分から先に心を開く

出会いのチャンスを広げたら、もう一つだけすべきことがあります。

それは、自分から先に心を開くということです。

先ほど、障がい者にとって、出会いのチャンスはマッチングアプリがベストだと書きました。

それが事実です。

では、マッチングアプリをダウンロードして、待っているだけで自動的に友達が集まってくるのでしょうか。

それは間違いです。

マッチングアプリを使って、一歩前へ踏み出さなければ意味がないのです。

その「一歩踏み出す」という行動こそ、自分から先に心を開くということなのです。

では、具体的に、どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単です。

あなた自身がどんな人間で、どのようなと友達を求めているかを、恥ずかしがらずに書けばよいのです。

とは言っても、人に言いたくないプライベートなことまで晒す必要はありません。

あなたが人に言える範囲で、障がいのことや、求めている相手の条件を自由に書けばいいんです。

ここで一つコツをお教えします。

マッチングアプリを使って新しい友達を作り、理想の恋人を掴む秘訣は、なるべく細かくあなたの理想を言葉にするということです。

あなたが相手に求める条件を細かく示すほど、あなたのところに集まってくる人の数は少なくなります。

しかし、それでいいんです。

目指すべき目的は、一人でも多くの人と浅い知り合いになることではなく、少なくてもいいから「親友」と呼べるような、ぴったりと合う相手を見つけることなのです。

あなたが望む付き合い方を細かく書けば書くほど、確かに集まる人の数は減りますが、逆に言えば、それでもあなたの所へやってくる人は、あなたの理想に限りなく近いベストなパートナーとなり得るのです。

浅く広く交友関係を広げても、それが幸せとは限りません。

親友と呼べる友達や、本当に好きな恋人が一人、二人いれば、それが本当に幸せなことなのです。

小さい子供にすぐ友達ができる理由

ここで一つ、質問があります。

小さいこともにすぐに友達ができる理由は、一体なんだと思いますか?

その答えは、先入観を持たずに自分から一歩踏み出しているからなんです。

幼稚園児でも小学生でも、「出会いがない」と悩んでいる子供はいませんよね。

彼らは無意識のうちに、自分が気になる相手に一歩踏み出し、出会いを自らの手で掴んでいるんです。

大人よりも、立派ですよね。

出会いが欲しいと心の底で思っているなら、先入観を捨てて、まずは自分にできることから始めてみるのがベストなのです。

逆に言えば、それ以外に友達を作る方法は見つからないでしょう。

友達作りの悩み

友達付き合いに疲れたら

「友達が欲しい」と悩んでいる人にとって、もしも新しい理想の友達ができたら、そんな悩みなど消えてしまうと想像するのではないでしょうか。

確かに、新しい友達ができれば、今抱えている悩みは消え去ります。

しかし、新しい友達ができ、知り合いが増えていくと、「付き合いに疲れる」と感じることもあるかもしれません。

そんな時は、この記事を思い出してください。

あなたは、無理をする必要はないのです。

友達や知り合いとの付き合いに疲れたと感じたら、少し距離を置いてみてください。

無理して付き合うのは友達ではありません。

場合によっては、その付き合いを辞めてしまってもいいのです。

まずは、無理をしない。

自分のペースで、自分に正直になって相手と向き合うということを覚えておいてください。

価値観が合わない

この記事を読んでいただき、このサイトの他の記事にも目を通してもらえれば、障がいを持っているあなたでも、その理解者でも、健常者であっても、すぐに新しい友達ができるでしょう。

そして、やがてその友達はあなたの恋人になるかもしれません。

すると、中には「この人とは価値観が合わないな」と感じる人も出てくるものです。

では、「価値観が合わない」とは、一体なんでしょうか。

そもそも、価値観がぴったりマッチする人など存在しません。

誰もが違う場所で生まれ、違う環境で育ったのですから、価値観が違うのは当然なんですね。

これから新しい友達を作りたい人、そして恋愛をしたい人は、その価値観の違いこそ、むしろ面白がってみるという視点を持つといいでしょう。

出会いがない

「出会いが欲しい」と悩んでいたあなたは、もうお気づきですよね?

出会いは、あるんです。

但し、今のままただ何もせず待っていても、その出会いはないも同然。

自分から一歩行動を踏み出さなければ、意味がないのです。

逆に言えば、ほんのちょっと行動をすれば、新しい友達も、恋人も、すぐにできるということですね。

障がい者の方でも、友達は簡単にすぐ作れるという言葉の意味が、少しづつ見えてきたのではないでしょうか。

なにもせずに待っていたら、一生一人のまま孤独なのです。

おわりに

友達ができると人生が変わる

この記事では、障がいを持つあなたでも、マッチングアプリという新しい出会いの場に一歩踏み出すことで、すぐにでも新しい友達ができるということをご紹介しました。

それはやがて恋愛となり、恋人もすぐ作れるという事実もご理解いただけたと思います。

新しい友達ができると、人生が変わります。

世の中に、恋愛ほど素晴らしいものはありません。

恋愛こそ、誰もが一度は経験すべき、人生で最も素晴らしい奇跡なのです。

みんなあなたを待っている

ここまで読んでくれたあなたに、一つ大切なヒントをお教えします。

この記事を読んでいるあなたは、障がいを持っているか、その理解者か、あるいは障がい者と友達になりたい健常者かもしれません。

しかし、一つだけ確かなことは、「出会いがない」と悩んでいるのは、あなただけではないという事実です。

友達が欲しいのは、あなただけではありません。

恋愛をしたいのも、あなただけではないのです。

大切なことは、今、一歩踏み出すことなのです。

出会いは早い者勝ち

最後に、マッチングアプリという出会いの場で新しい友達を作るために、必ず知っておいて欲しいことをお教えします。

それは、「出会いは早い者勝ち」ということです。

先ほど、あなただけでなく、みんな出会いを求めていると書きました。

それが、事実です。

しかし、逆の言い方をすれば、あなた以外の障がいを持つ人も、今まさにこの瞬間に、出会いを求めて一歩行動を始めているのです。

あなたにとって理想の相手は、他の人の恋人になってしまうかもしれません。

あなたが今行動すれば、あなたの理想の相手を掴めるかもしれません。

一番大切なことは、今始めることなのですね。


PAGE TOP