出会いがない障がい者の恋愛にマッチングアプリがベストな理由

こんな悩みありませんか?

出会いがない

障がい者の方にとって、一番多い悩みが「出会いがない」という悩みですよね。

友達を作りたい、恋人が欲しい、結婚したいと思っても、障がい者の方にとって出会いの場は限られてしまっているのが現実です。

しかし、今はインターネットがあります。

マッチングアプリというツールが、その悩みを解決してくれるのです。

この記事では、「出会いがない」「出会いが欲しい」という障がい者の方のために、マッチングアプリを使って、友達や恋人、結婚相手を見つけるノウハウをレクチャーします。

ぜひ最後までしっかり読んで、コツを掴んでください。

恋愛・結婚へのハードルが高い

障がい者の方にとって、「出会いがない」という悩みの次にハードルとなるのが、恋愛や結婚への障壁です。

せっかく、障がい者同士や、健常者と友達になっても、そこから恋人や結婚相手としてステップアップしていくのが現実的には難しいことが多いからです。

しかし、やはりここでも、マッチングアプリが役立つのですね。

マッチングアプリでは、相手が何を望んでいるのかを、事前によくすり合わせることが可能です。

友達としての関係を望んでいるのか、恋愛をしたいのか、結婚前提のお付き合いをしたいのか、事前にはっきりと理解し合える環境が整っているのも、マッチングアプリのメリットなのですね。

特に、「恋人が欲しい」「結婚相手を見つけたい」という人にとって、その特徴が活きてきます。

具体的な方法については、この記事の後半で詳しくご紹介します。

失敗が怖い

出会いが欲しい障がい者の方にとって、恋愛に一歩踏み出す勇気が出ない理由の一つが、「失敗が怖い」という理由ではないでしょうか。

せっかく異性の友達ができても、告白をして失敗してしまったら、その友情まで壊れてしまう、気まずくなってしまうという可能性があるからです。

しかし、失敗を恐れていては、いつまで経っても友達のままです。

それならば、むしろ最初から恋人を求めている健常者の方と出会ってしまえば、手っ取り早いですよね。

「恋人が欲しい」「結婚相手を見つけたい」と思っている異性の人で、かつ「障がいがあっても気にしない」という人と友達になれば、その先の恋愛、結婚へと繋がりやすいのは言うまでもないのです。

マッチングアプリのメリット

ミスマッチを防げる

マッチングアプリというツールの存在は、今や知らない人はいないでしょう。

しかし、障がい者の方にとって、そのマッチングアプリにどのようなメリットがあるのか、正確に理解している人は少ないように思えます。

マッチングアプリは、健常者同士をマッチングする場ではなく、障がい者同士、そして障がい者と健常者を結びつける場としても広く活用されているのです。

なぜ、障がい者の方にとってマッチングアプリが有用なのでしょうか。

その理由の一つに、ミスマッチを防げるという点が挙げられます。

どういうことなのかと言うと、マッチングアプリの場合、自分自身がどんな人間で、どのような相手を望んでいるのか、細かく記して待つことで、その希望にぴったり合う相手だけをピンポイントで見つけることができるのです。

逆に言えば、自分の希望に合わない相手を、最初から省くことができるので、ミスマッチが起こらないのです。

一昔前までは考えられないような仕組みですが、今やそれが当たり前なのですね。

出会った後にミスマッチに気付いてがっかりする心配がないのです。

障害を気にしない人もいる

マッチングアプリは、障がい者同士の出会いが盛んですが、障がい者の方と健常者との出会いも盛んです。

そして、「障がいがあっても構わない、気にしない」という健常者が、意外と多いのです。

これは、むしろ障がい者の方の方が強く気にする点であり、健常者にとって、気にならない点であることも多いのです。

考えてみれば、それは当然のことだと思います。

なぜなら、友達や恋人、結婚相手というのは、障がいの有無で選ぶものではありません。

もちろん、容姿で選ぶものでもありません。

一番大切なのは気持ちであり、その一番大切なものに気付いている人は、少なくないのです。

本当に大切なものを知っている相手となら、真剣な恋愛に踏み出せますよね。

真剣な人が増えているのも、マッチングアプリが流行っている理由なのです。

友達を作れる

障がい者の方にとって、マッチングアプリを使うべき理由の一つとして、「友達を作れる」という点が挙げられます。

友達と聞くと、恋愛や結婚から後退しているように勘違いする人もいるかもしれません。

しかし、それは逆です。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、まず最初に友達にならなければ、恋愛は始まりませんし、結婚もできません。

「恋愛をしたい」「結婚相手が欲しい」という人にとって、まず最初にやらなければならないのは、新しい友達を作るということなのです。

そして、それが可能なのもまた、マッチングアプリなのですね。

まずは新しい友達を作り、恋愛を始める。

そして、その先に結婚が見えてくる。

そんな、当たり前の恋愛を経験できるのも、またマッチングアプリの特徴でもあるのですね。

ちなみに、障がい者の方にとって、マッチングアプリが好まれる理由の一つに、家族や知り合いにバレないという利点もあります。

新しい友達や恋人を作ることは決して恥ずかしいことではありませんが、場合によっては、家族や知り合いに知られたくないと感じる人もいるでしょう。

しかし、マッチングアプリなら、誰にも知られることなく新しい友達や恋人を作れるのです。

それもまた、メリットの一つと言えるでしょう。

まずは、電話やLINEで気軽におしゃべりを楽しむような、そんなごく普通の異性の友達を作ることから始めると、人生がどんどん明るくなるはずです。

恋人を作るコツ

自分から心を開く

ここまで、障がい者の方にとって、友達や恋人を作る場としてマッチングアプリがベストであるという理由をご紹介してきました。

ここからは、実際にそのマッチングアプリを使って、どうすれば友達を作れるのか、どうすれば恋愛を始められるのかという具体例をご紹介していきます。

まず最初に大切なことは、自分の方から先に心を開くということです。

そして、「心を開く」とは、自分の全てを包み隠さず相手に見せるということなのです。

もちろん、知られたくないプライバシーや、プライベートな事柄をさらす必要はありません。

あくまでも、人に言える範囲で、どのようなハンディキャップがあり、どのような異性を望んでいるのか、どのような関係性を築きたいのかなどを、最大限に詳しく示してあげるのです。

それが詳細であればあるほど、ミスマッチは防げます。

最初は秘密にしておいて、親しくなってから語ろうとするのでは、いつまで経っても親しい関係を築けないでしょう。

相手に心を開いてもらうには、まず最初に自分の心を開く必要があるのです。

障害者も健常者も悩みは同じ

「出会いがない」と悩んでいる障がい者の方に知っておいて欲しいことは、健常者も、同じ悩みを抱えているということです。

そしてそれは、男も女も同じです。

みんな、出会いがないのです。

逆に言えば、みんな出会いを求めていると言えますね。

同じ悩みを持っている者同士だからこそ、マッチングさえ上手くいけば、友達も恋人も、結婚相手もすぐ作れるのですね。

チャンスを広げる

ここまで、障がい者の方も、健常者も、「出会いが欲しい」という共通の悩みをもっているという事実をご紹介してきました。

そして、そんな悩みをもっている者同士、最も効率的に出会える場が、マッチングアプリであるということがご理解いただけたと思います。

しかし、出会いを求める異性は、無限にいるわけではありません。

人数に限りがあることには変わりがないのです。

だからこそ、チャンスを少しでも多くしておく必要があるのです。

マッチングアプリを使う上で、チャンスを広げるとは、一つでも多くのアプリを使うことを意味します。

なるべく多くのアプリを使うと言っても、難しく考える必要はありません。

同じプロフィールを使いまわすだけでいいのですから、簡単です。

肝心なのは、たった一つだけのアプリに固執してチャンスを逃すのではなく、一つでも多くのアプリに同時に登録して、より多くの出会いを作ることなのです。

マッチングアプリの特徴をおさらい

障がい者と健常者が集うコミュニティ

最近のマッチングアプリには、障がい者の方のためのコミュニティが増えています。

コミュニティとは、そのマッチングアプリに登録している会員の中で、共通の目的を持っている人が集まる場です。

例えば、視覚障がい者、内部障がい者、精神障がい者といった分類のコミュニティや、「障がい者施設で仕事をしています」「障がい者でも付き合える」などといった、目的別のコミュニティもたくさんあります。

そのコミュニティの中には、共通の目的を持っている異性が集まっているので、友達や恋人を作りやすいようになっているのですね。

障がい者同士の恋愛や、障がい者の方と健常者との恋愛は、こんなに身近で簡単に見つけられるのです。

身元が確実で安心

マッチングアプリの特徴の一つとして、会員の身元がしっかりしていて安心できるという点が挙げられます。

マッチングアプリを利用するためには、身分証明書による年齢確認が必要です。

運転免許証や保険証、障害者手帳によって年齢確認をするため、どこの誰か分からないような、要注意人物が限りなく少ないのですね。

家族に内緒ですぐ友達を作れる

マッチングアプリは、家族に内緒で始められます。

また、自分一人で、スマホやパソコンさえあればすぐに友達を作ることができます。

ネットの出会いと聞くと、怪しいと感じる人もいるかもしれません。

しかし、その考えはもはや古いのです。

今は、健常者であっても障がい者の方であっても、ネットで出会って結婚することは普通に当たり前の世の中なのです。

まとめ

まずは友達を作ろう

「出会いがない」「出会いが欲しい」と悩んでいる障がい者の方にとって、一番最初にすべきことは、新しい異性の友達を作ることです。

異性の友達を作らなければ、恋人はできません。

逆に、異性の友達を作れば、その友達の一人がやがて恋人になり、結婚相手となるのです。

いきなり、最初から恋人を作るのは健常者だって難しいものです。

ですが、友達を作るのは難しくはありません。

男性なら女性の、女性なら男性の新しい友達を作り、まずは自然体で楽しい日々を過ごすことに集中してください。

そうすれば、自然と恋愛感情が芽生えるものです。

始めるデメリットがない

障がい者の方にとって、マッチングアプリを使って友達や恋人を作るメリットを多くご紹介してきました。

しかし、逆に言えば、デメリットはあるのでしょうか。

実際のところ、デメリットはありません。

マッチングアプリを使えば、真面目な出会いを求めている異性と知り合うことができます。

家にいながら、たった一人で、家族にさえ知られずに恋愛を楽しめるのです。

出会いは早い者勝ち

この記事では、障がい者の方にとって、新しい異性の友達を作るのがいかに簡単であるかをご紹介してきました。

しかし、一つだけ注意して覚えておいて欲しいことがあります。

その注意点とは、「出会いは早い者勝ち」ということです。

マッチングアプリの中には、障がい者の方との出会いを求めている人や、障がい者の方に理解を示す人が大勢います。

素敵な異性が大勢待っているのです。

しかし、その素敵な人は、あなたが掴まなければ他の誰かのものになってしまうのです。

出会いは早い者勝ちです。

せっかく目の前にチャンスがあるのですから、それを逃すのはもったいないですよね。

2020年4月15日真剣な出会いコラム


PAGE TOP